ダウンジャケットは癒しの商品としても人気、セレブ達と同じ様な商品を持ちたいなら激安通販ですね

Pocket

東洋思想から見るダウンジャケット

週末、SEKAI NO OWARIの野外ライブに行って来ました(ライブの情報はほとんどありません。ライブが始まるまでと終わった後に感じたことを書いています。)    2月に平昌オリンピックでセカオワの「サザンカ」に惹かれ(その時の記事はこちら) その後、YouTubeやレンタルで「炎と森のカーニバル」のライブ映像をみて 私も行きたいなあと思って調べたら ちょうど4月から「INSOMNIA TRAIN」ツアーが始まるという  他の予定と重なってたんですが 会場が熊本で比較的近いし、何よりセカオワのあの雰囲気に触れてみたいと思って 夫に相談し、予定を変更して、思い切って参加してきました(感謝)    当日は朝六時半に家を出て、オフィシャルツアーバスの出る駅までJR在来線で移動。 在来線で、新年度を迎えた学生さんたちが軽装で車内に乗ってくる中、 野外ライブだからと思い、ダウンジャケットに帽子、マフラー、カイロで防寒対策をしていた私は 一人季節に置いて行かれたような感じでしたが、結果的には大成功! 二日前までの陽気はどこへやら、ライブ当日は朝から小雨交じりの曇り空で 日中も気温が10度前後の中、寒さ対策は必須でした     9時にツアーバスが熊本に向けて出発。 一人参加で運転が不安だったので、JTBのツアーバスを申し込みましたが そこでセカオワファンのかわいい女性と知り合いになりました。 身近な人とライブに行くのもいいけど、一人で行ったら 自分と同じくらいかそれ以上の熱量をもった人と出会えるから それがまた面白い。 彼女もセカオワファンで、前回のライブも行っているので グッズ買うのにどれくらい並ぶのかとか、 会場にいる人はどれくらい仮装しているのかなど教えてもらいました。     11時30分駐車場に到着 博多、大分、宮崎など九州各地からのツアーバスが到着していました。 そこからさらに1kmほど歩く。    会場に到着する前にグッズの最後尾を見つけ並ぶ。(グッズ販売は12時からでした)  1時間半並んでこれらを買いました(スターライトリングは子どもたちへのお土産も含めて2本。あとはフード付きタオルとキーホルダー、3・11支援のリング)   その後開演まで5時間あるので、事前に調べておいた 馬刺しも出してくれる焼肉屋さんへ行こうと思ったんですが 会場が広いうえに、会場周辺の景色が似たような景色で道に迷いそうだったので 変更して早めに入場することにしました。会場の熊本県農業公園カントリーパークにある建物。飼料を保存するサイロをイメージしているそうだけどセカオワの世界観をイメージさせてかっこいい。   中に入るとフードが開いていたので、そこでトムヤンクンを買って コンビニで買っていたおにぎりと一緒に昼食。 (小雨が降ってきたので、写真は取れず・・・でも、寒い中のトムヤンクンは正解でした)  しばらく会場内をうろうろして小腹がすいてきたので 夜に備えて深瀬さんのカレー屋さんへ大きな肉と野菜がほろっと口の中で崩れて甘酸っぱいルーがおいしい!!   15時半を過ぎると人数がどんどん増えて、 トイレやライブエリアへの入るための列ができてきました。時間があるので来ている人たちを観察していると ベビーカーに乗った小さな子どもから、杖を突いた高齢の方まで年齢はさまざま。 10代から20代の友達同士や恋人同士もいましたが 中高年の男性グループや女性グループ、親子連れ、一人参加も多くて セカオワってファンの年齢層が幅広いなーと思いました。       16時ライブエリアへの入場開始。 立ち見だけど場所指定なので、17時くらいに入りました。 エリアは一番後ろ。 一般発売されて一週間くらいして買ったので、もう少し前の方かなと思っていたんですが、残念ながら後ろでした。(あとで聞いたら、ツアーバスで知り合った彼女はファンクラブに入っていて一番前のエリアだったそう 次回ツアーでは私も入ろうと思いました)  一番後ろのエリアなので、せめてセットは近くで見てみようと思い 開演前に正面まで行ってみました。すごい迫力! DJ LOVEさんのブースやSAORIさんのピアノがクラシックな木目調でレトロな雰囲気。 そして思っていたよりもステージと客席が近い。 前の方のエリアの人たちは、メンバーがよく見えるなあと思いました。   18時開演時刻・・・だけど始まらない。 日が沈むのを待っているのかな?     18時20分、夕日が山の端にかかり始めたところでライブスタート! 生Fukaseだ! Saoriちゃんもいる!  もうここからは本当に一ファンの目線です この後ライブを見る人のために詳しくは書きませんが、 空の色が刻々と変わる中、響き渡る深瀬さんの声、驚きの演出、ほっこりするMC・・・ セカオワメンバーとスタッフ達の、ファンを楽しませよう、喜ばせようという気持ちが随所に見られて この時間がずっと続けばいいのに・・・と思いました。  アンコールも含めてあっと言う間の2時間。 もう終わっちゃうの?と思いましたが この2時間のためにセカオワ側は1年以上かけて準備をしてきたわけで セカオワにとってもあっという間の2時間だったのかなと思うと 本当にライブは演者と聴衆が一体となって作り上げるものだなと思いました。   最後に改めてこのライブに行かせてくれた家族に感謝 快く送り出してくれたこと、一日子どもたちを見ていてくれたことetc. 家族の協力がなければ、こんな素敵な時間は過ごせなかったです。 充実した一日でした。    ツアーバスで出会った彼女からもらったライブの終盤で頭上から降ってきたリボン。私は後ろのエリアで見てるだけだったけど前のエリアにいた彼女は受け取れたみたいで帰りのバスでもらいました。ありがとう                

ダウンジャケットをナメているすべての人たちへ

コメントは受け付けていません。