ダウンジャケットがないインターネットはこんなにも寂しい

Pocket

ダウンジャケットを買いたい人集まれー。

お久しぶりになってしまいました。遅ればせながら、今年もよろしくお願い申し上げます。

年末年始、バタバタとしながらやっと時間が取れました。
あっち行ったりこっちに帰って来たり、バタバタでした
そして今日は東京地方雪という事で、備えバッチリ、スタッドレスタイヤが活躍しそうです。
スタッドレスタイヤにしていない方もいるので貰い事故が怖いですが、皆様もくれぐれも運転にはご注意ください❄️

お買い物もだいぶ減りましたが、今年一番に購入したのはやっぱりダウン
ノースフェイスにしようか、タトラスにしようか、カナダグースにしようかモンクレールは無いにしてとにかくアウターが大好きな私は、もういらないのに新調したくて迷いに迷って結局いつものデュベティカとなりました。
最新モデルのADHARAにしました。ロゴがブラックに変更になってます。赤と茶色のロゴが好きだったのに残念

それとポケット脇にデュベティカのタグが付きました。
今まではブランドを主張したロゴが全く付いてなかったので、ちょっと主張する感じになりましたが、それでも地味です!それが好き

ファスナーは大きくなりました
持ちやすくて、今までのモデルのより良いです

お地味なカラーですが、1番合わせやすいグレージュにしました。ふかふか軽くてやっぱりデュベティカは良いです。

なぜデュベティカにしたかと言うと、まずノースフェイスは欲しいのが売り切れていて、プレミア価格で2倍以上の12万になっていたので諦めました。定価以上では絶対に買いません
タトラスやモンクレールはデザインが地味なのと、エレガンスなデザインが多いのでやめました。
カナダグースはロゴが主張し過ぎて、わたし、カナダグース着てます!みたいなのが恥ずかしくてやめました
やっぱりロゴ主張は恥ずかしいです
やっぱりいろんな意味でちょうど良い
デュベティカは最高ですね!
しかも激安でした。
【500円OFFクーポン配布中】送料無料 DUVETICA デュベティカ ダウン アダラ ADHARA D.0030N07 1035.R 999 770 160 冬 ウィンター 防寒 暖かい デュベチカ ダウンジャケット アウター ショート丈 ジップアップ レディース 女性 バレンタイン プレゼント ギフト39,900円楽天FENにこだわらなければ、
私は並行輸入で十分です

それから最近買ったQVCは、、ライゼンタール L。大きいバッグです!
車の助手席に置いて使います

ワンチャンのリードやワンちゃんの洋服などワンコグッズ入れておきます
QVCは完売です。Amazonならまだありますね。ライゼンタール ボストンバッグ L ブラック 39-0337-005,832円Amazon
それから最近貰った嬉しかったもの

バラの花束です
ん〜素敵
そしてオードリーのお菓子

こんなに可愛くて味はとっても上品で美味しい!甘さ控えめで大人の味です。

そしてとてつもなく不味かったもの!一口飲んで罰ゲームか!と言ってしまった程、激マズだったスタバの新作2点
ピンクメドレーなんとかと、抹茶フュージョンのホットの方。抹茶フュージョンはフラペチーノは美味しかったのに、ホットの方は、嘘みたいに不味くて、キレそうになりました(笑)抹茶と小松菜とアーモンドとカボスだったかな?そんなもの混ぜたらまずいに決まってるピンクの方も変なうすーい桃味?主張ゼロ、買う意味ゼロの飲み物、、。無駄遣いしました、、スタバの新作はいつも不味くてもうゲンナリもう絶対に買うもんかと思いました。

こっちも微妙でした。千疋屋のデザート。
杏仁豆腐なんですけど、これ、すっごく小さくて1つ700円もしたのに、え!なにこれ?普通じゃんって味でした(笑)
もう買わない

あとはお惣菜。今日はこれで過ごします

美味しいといいな
ではまた今日は用事があるので出かけて来ます

ダウンジャケットの最安値を楽天でリサーチ

前回からの続き。

さて、松葉杖にもたれて鏡の前のドーザン。

顔の火照りに気がついた。

冬のサンフランシスコは寒い。服装で言ったら日本人にはダウンジャケットだ。
ただ、なんの体質の違いか、自分は真冬の服装なのに半袖短パンの白人男性とたまに街ですれ違うのはまずは不思議な気持ちで、次に体感温度の差の大きさに毎回プハっと笑ってしまう。

『サンフランシスコで冬でも短パンで歩いてる男はみんなゲイよー。
足が見せたいのよ!笑』

と、現地の黒髪で背の低い白人女性人が言っていた。“ゲイの聖地”として知られるサンフランシスコ特有の事情かもしれないが、日本でも同じ光景をたまに見るので、やはり彼らはちょっと我々より体温が高いのだろう..。

その、日本人にとって寒い街の、蛇口から出る冷たい水で顔を洗うが、いつもの冷たさより心地いいのだ。

鏡を見ると、左頬に一カ所、右耳に一カ所、虫刺されの様にポツっと腫れている。

『ハッ!』としてドーザン、トレーナーをめくると、腹にも2,3カ所“虫刺され”が…。
冬のサンフランシスコに蚊が??そう、ドーザンはそれが虫刺されなんかじゃないことにすぐ気がついた。

『しまった!!!!!』

今までの経験で分かった。

赤身魚にアレルギー反応があると分かっているドーザンは、それを避けるのが長年の習慣になっているが、たまに間違って食べしまい(魚じゃない加工食品に見えて魚だとか、食べれる魚だと思ったらダメなやつだったとか)、カユい、苦しい思いを何回もしてきたのだ。

『さっきの”キムチスープ”か!!??魚なんて入ってなかったのに!!!』

と、原因探しをしても時既に遅し。もう実際に症状は出ているのである。

いつものパターンは、

まず、どこかがカユくなる。で、
「うわ、蚊かダニに刺されたか⁇」
実際、腕とかに虫刺され的なふくらみがある。
しかし、次の瞬間。
「あれ、なんか腹が苦しぃ…うぅ… なんか、喉も、苦しぃ…!」
「あ‼︎…しまった!さっき食ったのナンや⁉︎ うぅ…く…くるしい…」
服をめくって腹を見たら、あっちこっちに虫刺さされみたいな湿疹が!
そしてそれは全身に広がり、収まるまで2,3時間から4,5時間…。

子供の時は何度か病院に連れて行ってもらったらしい。(お母さんありがとうT_T)
点滴などを打たれたそうだが覚えていない。

大人になってからは数時間で収まるのが分かっているので、苦しみが去るまでじっと
耐える様にするようになった。
特に出先でそうなってしまっては、どこの病院に行けば良いか分からない。

今の様にネットでググるとポンと情報が出てくる分けでなし。

その冬、日本では阪神大震災、オウム真理教テロ事件などが立て続けて起こり、国内外を揺るがす大騒動で大変なことになっていたのだが、異国のドーザンにも度重なる苦難が襲っていたのだ。

PC、携帯はもちろんない。レジデンスクラブというホテルとアパートの中間の様なその施設の部屋には電話すらあったかどうか。日本との連絡は手紙か当時家庭用に実用化され始めたところだったFAXであった。日本から初めてFAXを受け取った時は感動したものだ。

『スゴい!!!スゴい技術や!どうやって紙送ってるんや!?これもっと発達させたら人も送れるの!!??』

と真剣に思った。

今考えるとバカな話だが、初めて見た技術にそんな風に面食らったのだ。
(まぁ俺がバカなだけかも知らんけど、室町時代にテレビ持って行ったらみんな絶対、中にちっちゃい人入ってると思うと思うよやっぱり!)

時刻はもう、とっくに夜の10時を過ぎている。
それは病院に告げられた絶食時間だ。

このアレルギー症状を病院に見せに行ったとしても、絶飲時間も過ぎていれば、薬をもらっても水すら飲めない!(と、少なくともドーザンは思った。)

『病院に行って何か処方したせいでせっかく予約のとれた次の日の手術が流れてしまっちゃ困る!日本にも帰れない!』

第一、もう真夜中である、既にアレルギー症状で具合も悪い、日本の様に救急施設があるのかどうかも含め行く病院のアテも無い、色々調べたり説明するだけの英語力の自身も無い、松葉杖である、色々外は相当寒い。。。

諸々の悪条件が重なり、いつものようになんとか我慢しようと決めた。
3,4時間、寝てる間に治ってくれりゃいいけど…

祈りながらドーザンは電気を消して布団をかぶった。

ところが。。。
あ~~~~~~今回も長くなっちゃったからここまで。

続きはまた今度!

チャオチャオ!

コメントは受け付けていません。