ダウンジャケットの悲惨な末路

Pocket

あなたの部屋にダウンジャケットお届けします!

「翔ちゃんVS千葉の農家の稲葉さん②」
櫻葉。
先週のマナブくんの予告に加え、テレビ誌でも櫻葉さんのラブラブSHOTが公開になりましたね、
私は週刊のLIFEさんとジョンさんを買いました
もう終始いちゃいちゃ出来て楽しかったんだろうなぁ~

前に書いたお話の2回目です
※櫻葉er(翔ちゃん×雅紀くん)の願望と妄想です。
ご注意下さい。

前回のお話。
もしよかったら読まなくても大丈夫ですよ~。
「翔ちゃん翔ちゃん、もうすぐ稲葉さんち、着くよ?」
半分くらい開けたカーテンからの外の景色を眺めながら翔ちゃんに言うと翔ちゃんは自分の方の車のカーテンを少し開けてキョロキョロ外の景色を見回す。
「え?マジかぁ~。やべぇ、何か緊張してきた」
「はい....?何で翔ちゃんが緊張するの、別に普通じゃん」
「いや、だってさ、失礼のないようにちゃんと挨拶しないと。こういうのは最初が肝心なんだ。お前がいつもお世話になってるし」
「マナブでね!!....翔ちゃん、頼むから変なことにならないでよ?もう....」

翔ちゃんのことだからきっと稲葉さんもマナブのスタッフさんや渡部さんと澤部も、全員ドン引きするくらいバカまじめに、大げさに挨拶するんだろうな、もう...。

そう思ったら、急に恥ずかしくなってきた。
嬉しいけど、やっぱり恥ずかしいから何としてでも止めないと....そう思った。

「着きましたよ」

オレのマネージャーさんはそう言って車を止めてシートベルトを外す。
 「翔ちゃん、着いたって」
「あ、ああ....」

シートベルトを外しながら翔ちゃんに言うと翔ちゃんは神妙な面持ちでぎこちなくシートベルトに手を掛けた。

「相葉さん櫻井さん、前の座席にお二人のお衣装を置いてますので着替えてからおいで下さい。我々は先に車から降りて外で待ってますから」
「あ、櫻井さんくれぐれも車の中では変な気起こさないで着替えるだけにして下さいよ?こんなところでエッチなことしないで下さい?大丈夫ですか?別々に着替えた方が....」
オレのマネージャーさんが車から降りて車内を覗き込んで言うと翔ちゃんのマネージャーさんが反対側から続けた。

「大丈夫だよ!!んなことするかよバカ!!俺だって時と場所考えるわ!!人を盛りのついた猫みたいに言うな!!」
「本当ですかぁ~?こないだの特番収録の時、お二人で水着に着替えてもらってたら楽屋の中から相葉さんの色っぽい声聞こえてきて我々廊下でめちゃくちゃ焦ったんですから」
「あっ....あれはちょっと血迷っただけだ!!仕方ねぇだろ!!惜し気もなく雅紀のやつ下半身真っ裸になるんだぞ?その気にならねぇ方がおかしいだろが!!」
「翔ちゃんっっ!!何言ってんの!!////声大きいよ、ドア開いてんだから聞こえちゃうじゃん!!」

もう!!ばかばかばか!!
翔ちゃんのばか!!
外にいるマナブのスタッフさん達に聞こえるだろ!!時と場所全然考えてないじゃん!!

血迷った翔ちゃんの口を慌てて押さえる。

「だ、大丈夫だよ!!翔ちゃんが触ってきたらオレが翔ちゃんの頭ぶん殴るから早くドア閉めて!!」 

二人のマネージャーさんに言うとマネージャーさんは

「「頼みましたよ?相葉さんっっ!!」」

そう言って急いで車のドアを閉めた。

「もう翔ちゃん、あんま変なことマネージャーの前で言わないでよ!!ほら、翔ちゃんの分だよ?」

前のシートに移って翔ちゃんの衣装を手渡そうとするけど翔ちゃんはじっと衣装を見たまま受け取ろうとしない。

....まさか言ってるそばからしようとか思ってないよね、翔ちゃん。
オレ、今回ほんとにぶん殴っちゃうかもしんないよ?

「翔ちゃん?は、早く着替えないと....みんな待ってるよ?」

翔ちゃんを警戒するように少し距離を取りながら言うけど翔ちゃんは用意された衣装をじっと見つめたままで。

「翔ちゃんてば」
「雅紀....あのさ」
「な...なに?」
「やっぱさ、稲葉さんに最初に挨拶する時くらいはスーツの方がよかったんじゃねぇの?」
「はぁ....!?もう!!翔ちゃんまだ言ってんの?稲葉さんはマナブでお世話になってるただの千葉の農家の素人のおっちゃん!!つかさ、翔ちゃんオレの父ちゃんと母ちゃんに会う時もスーツなんか着てきたことないじゃん!!」
「雅紀の親父さんとおふくろさんはデビューの頃から知ってる仲じゃん」
「とにかく!!スーツなんか着てくる必要なんかないの!!どうせ衣装に着替えてから会うんだしスタッフもこんなロケにスーツ着てくる翔ちゃん見たらドン引きだよ!!オレもう着替えるからね!!」

そう言って難しい顔をしたままの翔ちゃんをほっぽって先に衣装に着替えて車から降りた。
暫くすると衣装に着替えた翔ちゃんが車から降りてくる。

「櫻井さん、おはようございます。今日は宜しくお願いします」

番組のプロデューサーさんが駆け寄って来て翔ちゃんに深々と頭を下げる。

「本日のゲストの櫻井翔さんです!!宜しくお願いしま~す」

「おはようございます。櫻井です。今日は1日お世話になります宜しくお願いします」

プロデューサーさんからみんなに紹介された翔ちゃんにマナブのスタッフさん達から挨拶されて翔ちゃんも軽く頭を下げて挨拶する。

ごめんね、マナブではオレが赤のダウンジャケットだからさ。

いつものメンバーカラーじゃない黄色のダウンジャケットの翔ちゃん。
少しファスナーの位置が下がってるみたいで今日は野外ロケだし少し冷えるからファスナーの位置を直してあげる。

「似合うね翔ちゃん、くふふ」

何だかまだ少し不服そうな翔ちゃんに笑って言った。

「おはようございます」 
「宜しくお願いします」

スタッフさんの声につられて声のする方向を向いたら稲葉さんが奥さんと一緒にADさんに連れられてきた。

「あ、稲葉さん」
「え?」

慌てて振り向いた翔ちゃんは稲葉さんを見てごくりと唾を飲んでビシッと背筋を伸ばして直立不動で固まった。

....なんで?
なんでそんな緊張する?
おかしくね?
翔ちゃん、稲葉さんはお世話になってるけど他人だよ。
うちの父ちゃん母ちゃんに会ってもそんな緊張しないじゃん!!

ガッチガチの翔ちゃん。
大きく目を見開いて稲葉さんをガン見してる。

稲葉さんビビっちゃうから!!

稲葉さんと奥さんは渡部さんと澤部と挨拶してる。

今日は翔ちゃんも一緒だからちゃんとしなきゃ。
ガチガチな翔ちゃん、稲葉さんと相性
合うかな。

「翔ちゃん稲葉さんだよ?ほら行こ」
「う、うん....」
「稲葉さ~ん!!おはよ~」
右手を大きく振りながら歩くのが亀並みに遅い翔ちゃんのダウンの裾を引っ張って連れて行く。

「お~相葉くん、今日は櫻井くんと一緒か」

今日も稲葉さんと奥さんはにこにこと穏やかな笑顔で出迎えてくれた。

「今日はメンバーの櫻井くんもお世話になります」

「まぁ~翔くん!”テレビで観るより100倍素敵」

翔ちゃんを一目見た途端、稲葉さんの奥さんの瞳がパァッと明るくなってきらきらな瞳で翔ちゃんを見る。
両手を胸の前で組んでうっとりしてる奥さん。

翔ちゃんに恋する乙女みたいでかわいい。
ちょっと妬けるかも。
よし!!
今日はオレ、稲葉さんの奥さんに負けないからな!!
翔ちゃんが惚れ直すくらいかっこいいとこ見せて、翔ちゃんが思いっきりデレデレするくらい甘えてやるんだ。

「ほら翔ちゃん!!稲葉さんと奥さんだよ?」
「う、うん....稲葉さん、は、初めまして嵐の櫻井翔と申しますお目にかかれて嬉しく思いますいつもうちの相葉がお世話になってますおいしい野菜のお裾分けもメンバー全員に頂くお心遣いまで頂きありがとうございます今日は1日お世話になりますどうぞ宜しくお願いします」

ガッチガチの翔ちゃんは早口で一気に捲し立てると頭をぺこりと下げた。

翔ちゃん、固すぎだよ!!
早口過ぎて稲葉さんも奥さんもぽかんてしてんじゃん!!

稲葉さんは翔ちゃんを口を開けたまま、ぼ~っと見てたけど翔ちゃんが頭を上げる同時ににっこり笑って
 「あはは、いやいや櫻井くんはテレビで観る以上に固いなぁ~」

そう言ってフレンドリーな対応を見せた。

「櫻井くんは育ちが良さそうだけど今日は大丈夫か?心配だな、あっはっはっ」

稲葉さんの言葉に
翔ちゃんは一瞬、ちょっとムッとしたみたいに口を固く結んだ。

「大丈夫ッスよ、こう見えても若い時はテレビの仕事で農作業なんかも相葉くんと一緒にやってましたから!!相葉くんには負けませんよ」

翔ちゃんが言うと、穏やかににこにこ笑っていた稲葉さんのめがねの奥の瞳がきらりと光った。

    
済みませ~ん(>_<“)
稲葉さんの口調はまさくらば☆オリジナルです
マナブくんの櫻葉さんに浮かれまくってるところへ今朝放り込まれた『翔潤爆弾』ま、負けない!!
例え櫻葉さんより人気があったとしても気持ちを強く持つんだ

でも....曜日的に翔潤爆弾の方が先にくる

もしものときのためのダウンジャケット5選

   ブカブカの服は動くと隙間が大きくなって、スースー風が入ってすごく寒い。夏はいいかもしれないけど、冬は無理だ… いや、夏もゆるみまくった襟首や袖口から、チチとか脇とか丸見えになっちゃうから無理だ。ブカブカ服にいいところはないのだ。 貧乏なのでサイズが安定するまでは服を我慢しよう…と思っていた。ヒキコなのでおしゃれする必要もないし。 けど、服代ケチって風邪薬買ってる自分がアホだと気付いた。健康的にダイエットを続けていくために、ジャストサイズの暖かい服は必要な出費だったのね… でも最低限の衣料費で防寒したいと思ったので、コートの下に着るようなインナーダウンジャケットをぽちったよ。家の中で着るんだ。 これで防寒対策はバッチリなはず…!ワンシーズン使い切りサイズの予定なので、たくさん着るぞ~(むしろ、サイズダウンしてブカブカになってくれないと困る)  ■□■□■□■□■□■□■□  ・本日の体重 62.9kg (開始から-32.6kg)・目標体重50kgまで、あと12.9kg    相も変わらず体重足踏みの日々。もしかして停滞期かな?終わったらまた減ってくるかな? そうだと思いたい…  

コメントは受け付けていません。