歯磨きの方法

Pocket

歯磨き教室で教えてもらっていることを紹介しましょう。
口臭対策として歯磨きが注目されていますが、正しく磨かなければ効果はないのです。
磨き方にはいろいろあります。
場所に合わせて磨くことが大切ですね。
口臭の原因は食べ物のカスが歯の間に残っているためです。
歯磨きによってきれいに取り除くことができれば、それだけで口臭はほとんどなくなってしまうのです。
まず、ローリング法は毛先を歯肉に向けて歯の面に沿って縦方向に磨くやり方です。
同時に歯肉のマッサージもできますから、やり方として間違ってはいません。
前歯などを磨く時のやり方ですね。
それから、横方向に歯を磨く水平法はお勧めできません。
歯垢を十分に取り除くことができませんね。
それを改善したのがスクラビング法と呼ばれるものです。
横に磨くのですが、小刻みに振動させて、歯を一つずつ磨くのです。
1本の歯毎に磨く感じが重要ですね。
それから、フォーンズ法は毛先を破面に垂直にするのですが、円を描くようにして磨くやり方ですね。
これも1本ずつの歯を磨いていきます。
歯の表面がきれいになる効果は高いと考えられます。
それから、バス法は歯茎の部分を重点的に磨くやり方ですね。
歯磨きは自分でやるのが基本ですから、子どもにとっては難しいやり方もあります。
あまり無理な方法を強制させるのではなく、子どもが磨いた後をお母さんが仕上げ磨きをしてやるとよいでしょう。
まずは歯磨きを習慣づけることから始めたいものですね。

コメントは受け付けていません。