韓国でお兄系が流行っているらしいが

Pocket

お兄系 私たちは安全を最優先します。

あー。
私やっぱりもう友達もブロ友も好意を寄せてくれる男性も、生理的に合わないのわかってるのに無理してお付き合いするのやめる。
ここに来て下さってる方は大事にします。
私がいいねをつける記事は、必ず丁寧に読んでいます。

去年は恋愛感情とかじゃない『好き』をエサに釣られてえらい目に遭いました、、、。
好意に無条件で応えようと張り切るのはきっと、私の悪癖です。
なんか、こう、私みたいにダメなやつなら馴れ合えるんじゃないかとか、、、そんな底辺から手ぐすね引いてる人たちに目をつけられないようにしたいです。

前向きに、明るく、向上心でキラキラしたブログにします!(・∀・)(笑)

それしか防衛策が思いつかない。

でも、合ってるはず。私、明るく前向きに詩作頑張ります。
△▲△▲△▲△▲

荒んだ人には荒んだお友達しか寄ってこない。でも明るい人には色んな人が寄ってくる。
幼稚園児でも同じみたいです。
バカみたいに陽気な息子を見ていたら、『気の合う人』とだけいるのは良くないなぁと思うのです。
まず、気の合う人というのは、自分の思い込みの可能性もある。年食えば食うほどその傾向はありそうな気がします。

その点息子は私より上手くやってますね。
一人ぼっちな子を遊びに誘って、乱暴な子とは喧嘩しては泣かされて、ひょうきん仲間達とは変顔対決して、お兄ちゃん系のしっかり男子達に世話焼いてもらって、女の子達とはないちもんめして、、、。

色んな付き合いが出来るのは、様々な子を観察する限り、単に幼児だからじゃなくて息子の才能だと思うのです。
お勉強できたり運動できたり、、、に役立たなそうやけど、神様から良い才能を貰ったなぁと羨ましい限りです。遺伝では絶対にないから。(笑)

気の合う風な人とだけいたら、気の合う範囲が限定されてしまって人付き合いの幅が狭まりますよね。
それは気があうんじゃなくて、単なる馴れ合いのぬるま湯かも知れない。
ソリが合わない人と無理して付き合うんじゃなくて、様々な人と話をしたら新しい発見ができるかも知れないなぁって。

人間関係の断捨離が流行ってますが(←〈断捨離〉という言葉は乱暴な気がしますけど、考え方は賛成です。)、同時に新規開拓も成長も必要なのかなぁとか。
とりあえず明るく。
そして、身綺麗に。

息子は発言に物怖じせず(←これは幼児だからかも?)明るくてかわい子ちゃんなので、まずはそれを見習おうかな。(笑)
今年はね、色んな人とお話をしてみようと思います。
これは冒頭で書いたことと一見矛盾してるように見えると思いますが、、、なぜか全く矛盾していないのです。

お兄系 未完成は、面白い。

コメントは受け付けていません。