欲しいモテる方法とクチコミやガイド、通販も



モテる方法をネットショップ最大級圧巻の品揃え、ライフスタイルにこだわりを持つぴったりの商品を紹介


午後5時半からの夜明けはクールで静か、まだ眠りにつく地上が静寂をふくみ穏やかで美しい時間だ。 美しくないものといえば、エッセイストの田宮なんとかさん?忘れたけど、ブログが出てきた最初この人、昔テレビに出てた田島先生かと思った。田島先生好きだったんだもの。はっきりものを言うから。 だって似てるんだもん。顔が。フェミニン。。。ジャンルを変えても人は素地の雰囲気は感じ取るというか。アンチ男みたいな人だったのにー。としばらく考えちゃったよ。 読者数千以上なんて、もう宗教信者みたい読んでみたけど、男性にモテる方法をみて、おめでたい。 人を誉める、立てることはモテるためではなく人間関係を円滑にするマナー、思いやりですからね。たとえ、どんな相手にも知恵を絞っていいところを伝えることが紳士婦女の建前というマナーです。モテるためという解釈がゲスというか。。。。。。終わってるおばはんだな。そんな必要最低限のこの場合媚でモテるなら相手は自分よりも下、そんな相手にもてたいのかと。好かれる要素じゃない。最低限の要素だ。 銀座ホステスの水揚げされた生活と経験を自慢する愚かさ水揚げは墓場まで持っていかないと! あれ、突っ込みどころが満載で面白いんだけど、いいねの数は桜?コメントみると絶対慕われたく無い内容のないコメントばっかで、うざく無いのだろうか。嬉しいのだろうか。坊さんと農民とロウソクみたいなホステスの水揚げが表に出てくるのは確かに珍しく、要領がいいずる賢い人間ということはよーくわかるけど、集団の中での身の振り方で媚をうる奴はえげつない。まだその逆の方がまし。実際野蛮で、親しむ人は少なく私なら関わらない。 最後に癌の闘病をブログに続る奴 黙って闘病すればいいのにと思う。 スーパーでみた家族といた父親の大人のごんた。本人は大人のつもり。極まりなくうざい。小さなことに口出す男のこはきわまりなくうざい。 不倫の末の略奪愛で結婚した女。とにかくその正義感と母性、色気の使い方がよこしまでうざい。私が彼を幸せにとか。。内縁の妻が悪い奴だからという理由でヒーローぶる女。女が必死ってとにかくうざい。逆だ逆。常識はあるのかと、疑ってしまう。とにかく略奪にはパワーがある女。そのパワーを自分を見つめ直すことと、世の中を知ることに使えと思う。 とにかく勘違いしてる女性といえばすごいのがいる。これはまた今度。 一番うざい家の近くの音響、あれ家の中ではうざいで済むけど、家の中では心臓と耳にくる公害だ。 こんな感じで毒が溜まったので吐いとく。