緑茶と口臭


口臭対策には緑茶がいいと言われていますが、本当なのでしょうか。
まず、口臭の原因を考えてみましょう。
口臭は口の中の汚れによってバクテリアが繁殖して、臭いを発する状態です。
つまり、歯磨きなどによって汚れを取り除くことができれば、口臭はなくなるのです。
もちろん、すべての原因がこれだけではありませんが、ほとんどのケースと考えてよいでしょう。
歯磨きをすることと緑茶を飲むことは同じことではありません。
緑茶には殺菌作用があり、それがバクテリアの繁殖を抑えてくれるのです。
口の中が乾くと、バクテリアの繁殖は進みます。
緑茶の利尿作用によって、水分を摂っても口の渇きが促進されることになるのです。
つまり、緑茶には口臭を抑える働きと、促進する働きの両方があると考えるべきでしょう。
緑茶によって口臭を防ぐことができると言うことの実証はどこにもありません。
何となく効果がありそうだと言うレベルです。
インターネットなどを読んでいると、口臭対策はいろいろと書かれています。
それが、すべて正しいことではないと思ってください。
もちろん、書かれている人が実感として思っていることであり、全くの誤りではないでしょう。
口臭なども個人差があることです。
誰にでも効果のある対策はないと考えてください。
それよりも口臭を気にし過ぎてしまって、人と話すことができなくなるような病気になってしまわないようにしましょう。
毎日の歯磨きをしているのであれば、あまり口臭を気にしなくてよいでしょう。

コメントは受け付けていません。