合コンなどをきっかけに知り合った男性と、初めて二人でお食事に行くとき。
意識しておくべき恋愛心理にはどんなものがあるでしょう。
まず、どんなお店で会うか、という打ち合わせの時点から、気をつけなければいけないことがあります。
「どんなお店がいい?」ときかれると、ついつい全部お任せして言ってしまう「何でもいい。
」は、あまりよくないようです。
男性のモチベーションが下がってしまいますし、決断をすべてゆだねられたことを、男性はとっても重荷に感じるようですよ。
確かに、「なんでもいい」は受け取り方によっては「どうでもいい」というニュアンスにも取れてしまいますものね。
できれば、具体的にジャンルをいくつかあげて、提示してあげましょう。
「鍋系とか、イタリアン、バルなんかもいいなぁ」という感じに伝えてみるのはいかがでしょうか。
また、相手に「どこかおすすめのお店があれば教えて」、というふうに尋ねてみるのもいいかもしれません。
もしくは、「いつも行くお店があったら、私もいってみたいな」なんていうのも、かわいい印象を与えられて、いいですね。
男性は、そう言われると主導権をにぎれた気分になりますし、選ぶときに悩む必要がありません。
そうすれば、実際そのお店で二人であったとき、男性のほうには余裕ができますし、リラックスしてもらえます。
その分、お互いに本音でおしゃべりできて、充実した時間を過ごせますよね。
次にもつながりやすくなります。
お店選びの相談の時点から、恋愛心理をうまく利用して、ステキな恋を楽しみたいものですね。