話し方や、声のトーンは、コミュニケーションにおいて、相手に与える印象を大きく左右します。
当然、恋愛心理においても大切な要素になってきます。
話し方によって、相手の受け取り方がどのように異なるのか、どんな印象を相手に与えるのかを意識してコミュニケーションをとりたいもの。
たとえば、重要なことを伝えるとき、それこそ告白するときや、自分の想いを伝えるときは、ちょっと落ち着いたトーンで、ゆっくりはっきりしゃべったほうが良いそうですよ。
そのほうが、相手に信頼感を与えることができるのです。
また、落ち着いた声のトーンは、包容力や説得力、安心感という印象に結びつきます。
そして、明瞭な声は本能的に若さのあかしとして相手に印象付けられます。
人間は、無意識にそのような声に魅力を感じるようになっているんですね。
もちろん、若さやハツラツさを印象付けたいなら、高く、かわいい声を意識してみるなど、場面ごとに応用することもできます。
また、好感を持たれる話し方を身に着けるために、普段から気をつけておきたいのが、姿勢。
背筋を伸ばしていないと、透明感のある明瞭な声が出ません。
また、いつも笑顔で話すことも、基本中の基本ですが忘れてしまいがちなこと。
もう一度、意識してみてください。
そして、ふだんから、言葉の一文字、一文字を明瞭に発するよう、意識しておくのも良いかもしれませんね。
恋愛だけでなく、すべての人間関係にプラスになるはずですから、ぜひ実践してみてください。