気になる男性と一緒に過ごすときに気をつけたいのが姿勢。
人と人とのコミュニケーションでは、言葉以外の、姿勢やしぐさ、態度なども大きな役割を果たしています。
たとえば、腕。
話しているときに腕を組むのは、心臓や自分の心を守ろうという本能的な行為。
もし、男性が腕を組んでいたら、まだ心を開いていないという意味かもしれません。
また、自分も、気になる男性と話しているときに腕を組んでしまわないように気をつけましょう。
無意識に、防御している印象を相手に与えてしまいますし、腕を組んでいる女性の姿というのは、傍から見てもあまりかわいいものではありませんからね。
また、話すときの相手との距離感も意識してみましょう。
人は自分の周囲にパーソナルスペースという見えない空間を持っています。
この空間の距離は、相手との関係性により変わります。
この中に好きな人が入ってきたらうれしいですよね。
逆にまだあまり打ち解けていない関係性の人が、ぐっと物理的な距離を近づけてきたら、ちょっと退いてしまうのが普通。
男性と接するとき、いつもより一歩、踏み込んで話しかけてみましょう。
彼が後ずさりしたり、姿勢を変えなければ、あなたに好意を抱いてくれているのかも。
今までより積極的なアプローチをするきっかけになるかもしれません。
逆に、近づいたときに、退いてしまうようだったら、もう少し、時間をかけて相手との関係性を築き上げましょう。
態度に表れる恋愛心理を把握して、上手に彼との関係を近づけていけるといいですね。