古典的名著『赤と黒』で有名なフランスの作家、スタンダールは『恋愛論』というエッセイを書いています。
それによると、恋愛には4つの種類があるそうです。
それは、情熱的恋愛、趣味恋愛、肉体的恋愛、虚栄恋愛。
このうちの情熱的恋愛こそを、スタンダールは真実の愛と考えました。
そして、この情熱的恋愛にいたる恋愛心理を7つのプロセスにわけて分析しています。
まずは「感嘆」。
いわゆるビビビッ!ということですね。
直感で何か運命を感じるとき、ありますよね。
2つ目は「想像」。
あの人と付き合ったらどうなるだろう、などと想像する段階。
次に「希望」。
あの人も、私のことを好きなのでは?と淡い期待を抱いてしまうのが恋心の常。
4番目はいよいよ「恋の発生」です。
愛する人とできるだけ近くにいたい、一緒にいたいという気持ちが盛り上がる段階です。
次の段階は、「第一の結晶作用」。
結晶作用とは、恋する相手を美化してしまう恋愛心理を、枯れ枝が結晶によってダイヤモンドのように飾られるさまに例えています。
恋に落ちると、相手の魅力を幾らでも見つけることができますよね。
6番目の段階は「疑惑」。
冷静になり、当たり前の日常になっている自分の幸福を疑う時期。
「私は本当に愛されているの?」と疑うようになります。
幸せすぎて恐い、という時期ですね。
七番目のプロセスは、「第二の結晶作用」。
猜疑心にさいなまれた後に、「彼はやっぱり私を愛している」と思い直す。
たしかに、多くの恋愛が、このプロセスをたどっているように思います。
1822年に発表されたこの『恋愛論』。
現代の私たちにも、恋愛心理を知るうえで、参考になるポイントがたくさんあります。