口臭予防はしているけれど、本当に自分の口臭は大丈夫なのか?
そんな不安は誰にでもあるはずです。
自分で自分の息は臭いがあるのかどうか、判断しにくいですからね。
口臭を気にする人が多いから、口臭予防のスプレーやサプリメント、ガムなどが売れているのでしょう。
ですから、多くの方が気にしていると思ってよいですね。

口臭もひどい場合は、病気のひとつですから、虫歯が原因だったり、入れ歯が原因だったりするときもあります。
ですから、口臭の相談は歯医者さんに行くのですね。
また、体のどこかしら、病気にかかっていて、体内から上がってくる臭いの場合は、病院にかからなければならなくなるでしょう。
これは病気ですので、口臭予防のサプリメントを飲んでも治りません。
まずは病気を治すことが先決でしょう。

ひどい口臭の場合、病院、または、歯医者さんに行ったほうが良いですが、それほどでもない方は自分でチェックしましょう。
自分の口臭がどうなのか、調べたいときは、市販の口臭測定器を使ってみましょう。
この機械は、別名、口臭チェッカーとか、ブレスチェッカーと呼ばれています。
一昔前までは、このような機械は専門の機械しかなかったようですが、最近ではタイプがいろいろあり、お値段もお求めやすくなりました。
市販で売られているチェッカーを見てみると、数千円で購入できます。
また、判断できる口臭の度合いも機械によって違って、4段階とか6段階とか、判断できるものがあります。

口臭チェッカー
ブレスチェッカー